株式会社和光商事:和光葬儀社

TEL/045-5959-541 FAX/045-5959-542 〒222-0036 横浜市港北区小机町1474 原橋ビル1F・2F・3F
MENU

よくあるご質問

葬儀についてよくわからない…
困った時どうすればいいか…など、
よく聞かれる皆様からのご質問をまとめました。

Q&Aお客様から寄せられる、葬儀に関する疑問にお答えいたします。
葬儀の前のご質問
もしもの時は深夜も対応してくれますか?
24時間365日、昼夜問わず迅速にお客様の元へ駆けつけます。 病院からの搬送を含め、葬儀に関することを全てに対応いたします。 また、ご相談も24時間365日承ります
身内がなくなった場合最初に何をすればよいですか?
まず和光葬儀社へご連絡くださいませ。 24時間・年中無休でご対応致します。ご連絡の際、亡くなられた方のお名前・住所、連絡いただいた方のお名前・連絡先(電話番号)などをお知らせください。 また、お迎えが必要な場合は、亡くなられた施設の名称(病院・介護施設など)住所・お迎えの時間などをお知らせください。
訃報を伝える範囲やタイミングは?
臨終の直後は、ごく身近な関係者に加え、葬儀社と僧侶に連絡します。 その他の親しい友人や知人などは、葬儀の具体的な日時が決まり次第、連絡するのが良いでしょう。
喪主になる人は決まっているのでしょうか?
喪主は遺族の代表として弔問を受ける役目がある為、故人様と最も近い人が務める場合が多く、 一般的には配偶者、配偶者が死亡している時や高齢の場合は同居している子供、というように考えられていますが、 あくまでも一般的な順序ですので状況により変更してもかまいません。
事前に葬儀の相談をしておきたいのですがお願いできますか?
24時間365日無料でご相談を承っております。 ご葬儀の流れや費用などの気になる点など昼夜を問わずお気軽にご相談ください。 葬祭ディレクターがお客様の立場となり親身になってご相談させていただきます。
生前に葬儀の見積もりはできますか?
はい。もちろん可能でございます。 事前相談をされてないお客様もご遠慮なくお問い合わせ下さいませ。
前もって何を準備すれば良いですか?
担当者が直接お伺いしてから必要なものをご説明いたします。 早めにご準備していただきたいのは、故人様の写真(遺影写真用)、 印鑑(シャチハタ不可)などです。
役所などの手続きはどうしたらいいですか?
まずは、和光葬儀社へご連絡ください。 寝台車でご遺体をご自宅、または、 提携の安置施設へと搬送いたします。 その後の死亡届の手続き、埋葬許可証、火葬場使用許可証の申請が必要となりますが、 煩わしい手続きは全て当社が代行いたしますので、ご安心ください。
家族だけで行いたいのですが可能ですか?
当社では「家族葬」に対応しております。ご葬儀の規模やご予算、ご希望に応じます。 まずは、「どのように故人様を送りたいのか」をしっかりと打ち合わせをし、その後は安心してお別れの時間を過ごしていただきたいと思います。
すぐにお葬式をしなければいけないのでしょうか?
基本的には御遺体の保護や当家様のお仕事の都合などを考慮し、すぐに通夜、葬儀を執り行います。 しかし、御家族様が遠方(海外)におられる当家様や友引の関係などさまざまな理由ですぐにお葬儀をできない場合もありますので ドライアイス等で御遺体の保護を行います。
病院から紹介された葬儀社を断って、和光葬儀社に依頼しても大丈夫ですか?
はい。問題ありません。 病院から紹介された葬儀社をお断りしても、失礼な事にはなりませんのでご安心くださいませ。
病院で紹介された葬儀社に搬送してもらった後からでも、依頼先を変更することはできますか?
はい。可能でございます。 まずは和光葬儀社へお電話いただき、安置場所・葬儀社名・現在の状況等を出来る限り詳細にお教え下さい。
葬儀中のご質問
故人の好きだった花で祭壇を飾ることはできますか?
最近のお葬式では、祭壇に色とりどりのお花を飾ることが多くなってきました。 故人様のお好きだったお花や故人様の人柄が偲ばれるお花など、様々なアレンジもできますので、遠慮なくご相談くださいませ
葬儀費用はいつ払うのですか?
葬儀日もしくは葬儀翌日のお支払となっています。 しかし、日曜日や祝日など大型連休の都合もございますのでご相談させていただきます。
高額の医療費などが原因で、なるべく費用を抑えたいです
葬儀費用を抑えたい場合でもご安心ください。 ご予算をお伺いしたうえでプランニングし、費用を抑えてお葬式を行うことは充分に可能でございます。
色々な希望や相談に合わせてほしいです
『和光葬儀社』では経験豊富な葬祭ディレクターが親身になってご希望にあわせてお世話させていただきます。 分からないことや不安な事は何でも担当者にご相談下さい。
直葬とはどのような形なのでしょうか?
直葬とはお通夜や葬儀といった儀式を行わずご自宅や集会所から直接 火葬場へ出棺する事です。 最近では直葬を希望される方も増加しています。
火葬だけで葬儀をしなくてもよいですか?
葬儀の役割は、納棺・通夜・葬儀・会食・荼毘などの過程から、故人の安らかな往生を祈り、 そして、ご遺族様は徐々に死を受けいれていくことで悲しみを癒すことにつながります。 また、大切な家族の死を通して「生きていること」を無意識にも学ぶ貴重なご縁を通夜・葬儀で体験します。 このように火葬だけでは得ることができない大切なことが葬儀にはあります。 かけがえのない家族の死をしっかりと送ることが、残された人の役目と考えます。
全ての宗教に対応できますか?
一般仏式以外にも神道・キリスト教他、全ての宗教のお葬儀に対応致します。 また、無宗教葬にも対応いたしております。
無宗教でお葬式を行うことはできますか?
はい、可能でございます。 無宗教葬は比較的ご遺族の希望通りの葬儀を行う事が可能です。 例えば音楽葬やお別れ会など形式にとらわれない葬儀になります。 反面、形式がないので葬儀は無宗教でされ、法要日(満中陰)などは仏式にあわせて行われています。
電話をしてからどのくらいで来てくれますか?
原則としてお電話から1時間程でお迎えにあがります。 ただし、当日の交通状況や、その他諸事情による遅延がある事もございますことをご了承ください。
自宅で葬儀はできますか?
ご自宅スペースと人数の問題が無ければご自宅葬も可能でございます。 ・お棺が通れるスペースがあるかどうか。 ・参列予定者の人数(お部屋のスペース) ・宿泊場所(施設)の確認(遠方からお越しの方の為に) 以上の問題が無ければ、ご自宅で葬儀を執り行う事が可能でございます 故人様の遺志や、ご家族様のご希望、ご要望を最優先し、 まごころ込めてお手伝いさせていただきます。
親族間で宗派が違うのですが、どうしたらいいですか?
宗派についてどの宗派で葬儀を行うのが正しいという事は難しいのですが、故人様の意志を尊重するのが一番いいと思われます。 もし、家族間や親族間での問題であればご家族様の希望を尊重させていただきますが、 ただ、宗派というのは代々のお付き合いのあるお寺様との関係や仏壇・墓石をお持ちの方は宗派に合わせた仏壇・墓石をお持ちですので葬儀時に以前からの宗派を変更するとそれらの問題も出てきます。 宗派についてはご家族様、ご親族様でしっかりお話をされる事をお勧めいたします。
ご近所に知られずに葬儀を行うことはできますか?
自宅や集会所におきましても外回りの飾りを行わず葬儀をする事は可能ですが、病院からの搬送時や出棺時には寝台車がきますので完全に知られず葬儀を行うのは難しいと思われます。 当社にご連絡をいただく際にその旨をお伝えいただければ可能な限りの配慮を行います。
棺に納める副葬品はどんなものならいいですか?
故人様が生前愛していたものを納めましょう。ただし金属製品やガラス類などは火葬場の規定によりいれることができません。 遺族としては多くの遺品を持たせてあげたいでしょうが、遺愛品を多く残し、故人を偲ぶようにしましょう。
寺院との付き合いがないのですが、どうしたらいいでしょうか?
まずは故人様に関わりのある宗旨・宗派を確認しましょう。寺院との付き合いが無かったり菩提寺が遠方の場合は、 その点を事前に確認したうえで、近くの寺院(故人の関わりのある宗旨・宗派)に依頼すると良いでしょう
当社でお手配も可能です
お布施はどのくらい包めばいいですか?
お布施の金額は、宗旨宗派や、そのお寺様との関係によって異なります。一概にどのくらい包めば良いかお答えはできませんが、 ご遺族様のご負担にならないよう、状況に応じたアドバイスをさせて頂きます。
参列者の予想の仕方や目安のつけ方はありますか?
年賀状の数や携帯電話の登録数などから、ある程度の目処をつけていきます。 親族、友人関係、仕事関係、ご近所様、喪主の仕事関係、習い事関係、子供の関係と、それぞれの角度から予測していくと具体的に見えてくると思います。 人数や場所により、葬儀社の対応させていただくスタッフ数や備品類の用意が変わりますので、 最低限必要な費用や物品を正確に割り出すためにも、しっかりとご考慮いただく事がポイントになります。
葬儀社はどんなことをしてくれますか?
葬儀に関すること全てをお手伝い致します。 病院からの搬送、ご遺体の処置、打ち合わせ、式場・火葬場の手配、祭壇など会場の設営、料理・返礼品の準備、参列者のご案内など、葬儀に関するすべてを行います。 納得のいく葬儀を行うためには、お客様と葬儀会社とのコミュニケーションも大切になりますので、どんな些細なことでもご相談くださいませ。
葬儀後のご質問
葬儀後の事も教えてほしいのですが
葬儀が終わった後の、香典返し、法要、墓地、仏壇についてなど、お気軽に和光葬儀社までご相談ください。
葬儀費用の注意点はどこですか?
専門家である葬儀社にきちんとご相談いただき、ある程度のご予算やご希望を伝え、葬儀の打合せを進めていくことが大切です。 葬儀に必要な費用は、葬儀社のみならず式場・火葬場・車輛・料理・返礼品・お布施など、多岐に渡りますが、 お見積もりの段階でお客様のご要望を踏まえてご提案を致しますので、後で不要な請求をしたりすることは一切ありません。 ご予算が心配なときは率直にご相談くださいませ。
ページトップへ